お知らせ・新着情報

令和3年度 OB総会について

2020/10/10(土)

OB各位

令和3年度のOB総会を下記のとおり開催いたしますので、万障繰り合わせの上、ご参加ください。

総会
日時:1月9日(土曜)18:30
場所:ホルトホール大分302・303会議室

例年どおり、総会後懇親会を行います。
場所:ホルトホールガーデン
会費:4,000円




高校同窓親善野球大会が行われました。

2020/10/5(月)

高校同窓親善野球大会が行われました。

10月3日〜4日にかけて、昭和電工スタジアム大分スポーツ公園多目的広場にて高校同窓親善野球大会が行われ、当OB会からも有志が参加しました。準決勝で大分高専に惜敗しましたが、見事ベスト4に進出しました。参加されたOBの皆さんお疲れ様でした。当日の模様は後日ギャラリーに掲載いたします。

九州大会県予選1回戦が行われました

2020/9/23(水)

第147回九州地区高校野球大会 大分県予選の2回戦が22日別大興産スタジアムで行われ、0-7で大分舞鶴に敗れました。

第147回九州大会 大分県予選の組み合わせについて

2020/9/20(日)

第147回九州大会 大分県予選の組み合わせについて

第147回九州地区高等学校野球大会 大分県予選お組み合わせが決定しました。
初戦は9月22日第一試合(別大興産スタジアム)、相手は大分舞鶴です。

高校同窓野球親善野球大会参加について

2020/9/17(木)

OB各位

昨年は中止となりましたが、今年は下記日程での開催が決定されましたので、当OB会でも参加を予定しております。ついては参加希望者を募りますので、希望される方は事務局もしくは13回生の分藤さんまで連絡お願いします。

日時:10月3日(土曜)08:30〜
   10月4日(日曜)08:30〜
場所:昭和電工スタジアム大分スポーツ公園多目的広場A・B
開会式:なし

第138回大分県高等学校野球選手権大会 試合結果

2020/8/18(火)

今年の県選手権は例年と違い支部予選もトーナメント形式となりました。
16日2回戦が行われ、舞鶴に2-14(5回コールド)で敗れました。

舞 鶴 427 10|14
雄城台 000 20|2

第138回大分県高等学校野球選手権大会 支部予選について

2020/8/13(木)

2020大分県高校野球大会も終了し、新チームでの初の公式戦となる、県選手権大分支部予選が開催されますが、新型コロナウイルス対策としてスケジュール等は事前公開されないこととなりました。結果については公開されるようですので、当ホームページ上に掲載する予定です。

クラウドファンディング 協力のお礼

2020/8/2(日)

クラウドファンディング 協力のお礼

OB各位

大分県高校野球連盟のクラウドファンディングについて、おかげさまで目標額に達しました。事務局への振込も終了しております。ご協力いただいたOBの方々には御礼申し上げます。・

2020大分県高等学校野球大会 3回戦で敗れました

2020/7/23(木)

2020大分県高等学校野球大会 3回戦で敗れました

2020大分県高校野球大会は23日、佐伯鶴城との3回戦が行われ、3−4で敗れました。

この日も先発投手は2回戦に続きエースの橋本投手でした。先頭打者を内野安打で出塁を許したものの、後続をきっちり抑えました。その裏トップバッター工藤選手が右前ヒットで出塁、続く谷矢選手とのヒットエンドランなどで無死一二塁のチャンスを作りましたが後続が続かず無得点となりました。
しかし、3回裏、7番高山選手と8番永富選手の内野安打でチャンスを作ると、絶好調の主将工藤選手の右前タイムリーヒットで幸先よく先制しました。
4回橋本投手が相手強力打線につかまり、またエラーも絡み2点をとられると、その裏橋本選手の右中間二塁打と上杉選手の犠打に神田選手が中前タイムリーですかさず同点し、さらに相手バッテリーエラーで3−2と逆転に成功。
その後は両投手の踏ん張りと、工藤選手と東田選手のファインプレーなどで無得点が続きましたが、最終回相手打線の粘りで3−4と逆転され、その裏の攻撃も無得点に抑えられました。

2020大分県高等学校野球大会 初戦に勝利しました

2020/7/19(日)

2020大分県高等学校野球大会 初戦に勝利しました

2020大分県高等学校野球大会の初戦が別大興産スタジアムで中津東を相手に行われ、4−1で勝利しました。
初回、先発の橋本投手が相手を三者凡退に退けると、すぐさま2回上杉選手のセンター前ヒットと四球を足掛かりに、二死一三塁から9番永富選手の右前タイムリーヒットで先制。2回二死三塁のピンチを凌ぐと3回表 工藤主将の左前ヒット、東田選手死球のあと、橋本選手の二点タイムリー左中間三塁打、さらに上杉選手のスクイズと畳みかけ3点を追加しました。その後、再三のチャンスを逃し、嫌なムードになりかけましたが、先発の橋本投手は4回併殺崩れの間に1点を返されるものの、要所を抑える安定感抜群のピッチングでした。守りも5回裏センター工藤選手のファインプレーでピンチを凌ぐなど盛り立てました。
次戦は佐伯鶴城と23日に行われます。



ページトップに戻る